賃貸物件と空室期間の関係について。家賃を少しでも安くしたいなら、空室期間をたずねてみるといいようです。

住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート
住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート

賃貸物件と空室期間の関係

住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート
できるだけいい賃貸物件をお安い家賃で借りたいというのはみんな思うことですよね。たとえ二千円安くても、一年にすれば二万四千円。もっと住めばどんどん差がでてきます。やはり家賃は少しでも安くしたいのが本音でしょう。そこで最初にお部屋を決める時が勝負になってきますよね。交渉する人は多いかもしれませんが、これは、と思った方法が空室期間をたずねるという方法です。これってあちらからすすんで教えてくれることじゃないと思います。わざわざ五年も入っていません、とか言いませんよね。

空室期間が短ければ意味はないかもしれませんが、長ければ大家さんは誰かに借りて欲しい、と思っているはずです。お部屋はそのままだったらお金になりませんけれど、誰か借りてくれればお家賃として入ってくるわけですからね。長い期間誰も借りていなかったら、こっちのほうに主導権がある、と思ってもいいかもしれませんね。もちろん、無理な値下げはいけないでしょうが、お互いに妥協できるポイントを探って家賃を安くしてもらうというのはしてみる価値がありそうです。こちらとしては借りたい、という気持ちが伝われば、相手も貸したいから少し安くしましょうということになるかもしれませんよね。

おすすめ情報