賃貸物件は借主が退去する際に入居時のように原状回復する義務というものがあります。その内容について。

住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート
住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート

賃貸物件の原状回復義務について

住みやすい伊勢崎市の賃貸アパート
賃貸物件では、賃貸借契約書にもたいてい記載されている通り退去時には入居時のように元に戻さなければならないという原状回復義務があります。これはどのようなことを言うかといいますと、壁紙や畳の日焼けなどの自然消耗を除いて入居中に何か変更したりした箇所があれば元に戻して貸主に返すという義務のことです。

賃貸物件では、内装の造作を替えたりするのには貸主の許可を得てからやらなくてはならないという契約書の条項があるのが一般的です。あまりやる人はいないと思いますが、壁紙を替えたり、建具を交換したりする人もいます。その場合、貸主に許可を得た上でやることになりますが退去時に元に戻す必要がある場合とそのままでも良いと許可を得られる場合もあります。しかし原則としてすべてのものは元に戻すというのが基本になります。

壁に釘を打ってしまい穴があいた場合の原状回復はどのようなものになるかと言いますと、その穴を埋めてきれいに修復するのに費用がかかった場合にはその費用を借主に負担してもらうということになります。その他、換気をあまりしておらず風呂場や室内にカビがたくさん生えてしまった場合などは室内のクリーニング、カビ除去費用などを借主に負担してもらうことになるのです。